意外と知らない正しい洗顔方法

美肌を作り出す正しい洗顔方法をマスターして、そのあとに行う化粧品のスキンケアの浸透もよくさせましょう。まずはぬるま湯で顔を濡らします。手には雑菌が多いですから洗って落としてから、ぬるま湯で顔を素洗いします。洗顔料は多すぎないよう適量を手にとり、水を加えて泡立てます。手を重ね合わせたあいだに、柔らかい泡のクッションができる暗いが、泡だての目安になります。泡立が不足したままで、肌にゴシゴシと擦り洗いをしてしまうのは、良いスキンケアの洗顔とは言えません。
肌には優しくするのが大切ですから、泡立はふわふわにしましょう。しっかりと洗顔剤を泡立てる様子 皮脂の多いTゾーンに、泡立てた泡をのせます。ソフトな円を描くようにクルクルと、肌の汚れと馴染ませます。それからUゾーンに泡をのせて、柔らかい泡を転がすように汚れを軽くなじませていきます。Uゾーンは頬や顎のゾーンです。最後に皮膚の薄い、目元や口元に泡をのせて軽くなじませます。洗い流すときには、人肌程度の温度のぬるま湯を使います。すすぎは丁寧に行い、髪の毛の生え際やフェイスライン、こめかみなどにも泡が残らないように洗い流します。泡立てネットを使用するときには、水分を十分に加えるようにしましょう。
泡立てネットは簡単に泡が立って便利ですが、水分量がわずかでも泡立つところは、意外と毛でもあります。洗顔フォームや石鹸の洗顔業というのは、空気と水を含ませて、洗浄濃度を適正にしていくものです。水分が少ないまま泡立てると、洗浄成分が強いまま肌にも触れるため要注意です。肌はすすぎ洗いをしたら、できるだけスピーディーに潤いのスキンケアへとうつりましょう。放置したままだと肌は乾きますから、素早く保湿をします。